H!NT | アサインナビユーザーのためのヒントを発信するメディア
Operated by Assign Navi

"H!NT"は、IT人材調達・IT案件開拓のための
ヒントを発信するメディアです。

アサインナビからの情報 活用方法

公開/非公開の設定を活用!機密性の高い案件で人材調達をする

こんにちは。アサインナビの田浦です。

・既存のビジネスパートナーからの人材提案が減り困っている。
・新規ビジネスパートナー開拓にアサインナビを活用したい!・・・
でも、大切なお客様から頂いた案件情報や、秘匿性の高い情報をWEB上に公開して、不特定多数のユーザーに知られたくはない!
そんなお悩みを解決する方法をお伝えします。

本記事は、アサインナビの発注側機能※を利用している方向けの記事です。
※本記事にて紹介する機能を利用するためにはスタンダードプランへのアップグレードが必要です。

目次

  1. 案件情報の公開/非公開の設定を活用する
  2. 会社名を非公開にした状態で案件を公開する
  3. 案件情報をマスキングして掲載する
  4. まとめ

1.案件情報の公開/非公開の設定を活用する

案件情報を登録する際に「公開制限」という項目があります。
案件一覧に情報を公開するか、非公開にするかを選択できます。

案件情報が非公開の状態では他のユーザーから案件の内容を閲覧されることはなく、
気になる人材にだけ案件情報を非公開にしたまま、スカウトを送る事ができます。
案件情報はスカウト先の相手にのみ公開されます。

案件の公開制限選択画面

2.会社名を非公開にした状態で案件を公開する

案件情報を公開する際には、企業名を公開するかどうかも選択できます。「貴社名の公開制限」という項目です。
案件一覧に掲載される案件情報に貴社名を公開するか、非公開にするかを選択できます。

社名の公開制限選択画面

貴社名を非公開にしたまま、案件情報を案件一覧に公開して、
受注側からの応募を募る事ができます。

上記の様に案件一覧に掲載されます

※会社名を非公開で案件掲載した場合、以下のタイミングで受注側に貴社名が公開されます。
・スカウトを送った際
・応募へ返信をした際(お見送りの場合は公開されません)

3.案件情報をマスキングして掲載する

お客様から頂いた案件情報をアサインナビにそのまま掲載するのではなく、お客様が特定される情報や秘匿性の高い情報は特定されない様に、書き方を工夫してWEB上に掲載しましょう。

【ポイント】
以下の3点は、特にお客様が特定されやすく、工夫が必要です。
・固有名詞(会社名、商品名など)
・業種(エンドユーザー/プライム)
・場所(業種との組み合わせによってお客様を特定される可能性が高い)

【削除すべき情報】
・電話/FAX
・メールアドレス
・写真
・社員名
・出版物
・ネットサイト、記事

【マスキング例】
・株式会社アサインナビ → 某IT企業
・東京都新宿区新宿2丁目8−6 KDX新宿286ビル → 東京23区
・アサインナビ → 某マッチングサイト 

まとめ

・案件を非公開にして特定の人材にだけスカウトを送る
・会社名を非公開の状態で案件を掲載する
・案件をマスキングして情報の秘匿性を保ったまま掲載する

いかがでしたか?今回は、案件情報の公開/非公開の設定方法や、
案件情報をマスキングする際のポイントについてご紹介いたしました。
こちらの記事を参考にしていただき、案件情報を登録してみてください。

アサインナビ田浦 = 文