H!NT | アサインナビユーザーのためのヒントを発信するメディア
Operated by Assign Navi

"H!NT"は、IT人材調達・IT案件開拓のための
ヒントを発信するメディアです。

アサインナビからの情報 活用方法

面談につなげる!レジュメの書き方(フリーランス向け)

こんにちは!アサインナビの関澤(セキザワ)です。

アサインナビで案件を探している場合は、まずアサインナビに人材情報(レジュメ)をご登録ください。これにより、案件を探して応募したり、求人側企業からスカウトを受けたりすることができます。

情報を登録していくのは面倒に思えるかもしれませんが、登録情報にきちんとスキルや経験がまとめられているか、希望条件を記載できているかどうかは、応募した案件の選考通過に大きく影響します。

また、アサインナビでは人材情報にステータスがあり、その時の状況によって「稼働が空いています」「今後稼働が空く予定です」「案件によります」「対応不可です」のどれかを選択することができます。このステータスを管理することによって、一度情報を登録すれば自分の稼働状況に応じて、必要な際にアサインナビを利用することができます。

今回は、アサインナビの人材情報であるレジュメの登録方法と、項目ごとに入力のポイントをご紹介いたします。ぜひ本記事を参考に、情報の詰まった魅力的なレジュメを書いてみましょう!

本記事は、アサインナビで案件を探している方※向けの記事です。
※アサインナビでは、すべての求職者機能を『無料』でお使いいただけます。詳しくは料金プランで確認いただけます。

レジュメ登録時には、必ずスキルシート(履歴書・経歴書)を添付登録しましょう。スキルシートの登録が完了していない場合、案件への応募、スカウトの受領を行うことはできません。また、企業側の担当者はスキルシートの内容を書類選考時に重視しているため、経験やスキルを詳しく記載すると面談へ進む確率が高まります。
目次

  1. レジュメを登録する
  2. レジュメ登録のポイント
  3. スキルシートの登録
  4. まとめ

1.レジュメを登録する

ログイン後、マイページ内の「レジュメ登録へ」というオレンジのボタンをクリックします。

2.レジュメ登録のポイント

レジュメ登録ページから、各項目に人材情報を入力していきます。今回は18個ある項目のうち、特に重要な8項目についてご紹介いたします。

①現在の状況

スカウトする求人側企業は、まずここを確認してスカウトできる状況かを判断します。人材の稼働状況に合わせて変更をしておくことで、希望するタイミングで企業からスカウトが届く可能性が高くなります。

・稼働が空いています
現在案件に携わっておらず、参画できる案件を探している場合に選択します。「稼働が空いています」に設定してから20日間経過すると、自動的に「案件によります」に変更されます。それ以降も案件を探している場合は、再度手動で「稼働が空いています」に変更してください。

・今後稼働が空く予定です
現在携わっている案件に終了の目途が立っており、今後案件を探す予定がある場合に選択し、参画可能時期に日付を登録します。登録した日付を迎えると、自動的に「稼働が空いています」に変更されます。

・案件によります
案件によっては対応できる可能性がある、相談したい、という場合に選択します。求人側企業としては、上記2つよりも検索優先度が下がるため案件に参画していない場合は「稼働が空いています」を選択してください。

企業側は「案件によります」の方には積極的にスカウトしないため、求職中は「稼働が空いています/空く予定です」を選択することをお勧めします

・対応不可です
現在案件に参画しており、スカウトされても対応できない場合に選択します。このステータスの場合は求人側企業の目に留まりにくいため、稼働が空き次第ステータスを更新しておきましょう。

②レジュメ担当者

フリーランスの方がレジュメ登録を行う場合、こちらはご自身の氏名がデフォルト値として表示されます。

③経験カテゴリー

カテゴリーごとに、それぞれ「未経験」「経験有」「3年以上」の3つから選択することができます。

例)
・Java系WEBシステムの設計・開発・テストを3年経験
→WEB・オープン/3年以上、テスト・評価/3年以上

経験したことのあるものはすべて「経験有」または「3年以上」を選択してください。実際に携わった工程など、詳しい部分についてはこの下の経験PRに書き込むことができます。

④経験PR

これまでの経験、または得意とする分野・フェーズ・業種等や、詳細なスキル(開発言語、開発環境、フレームワーク等)について読みやすくまとめましょう。上記の箇条書きのみではなく、人柄等の簡単な自己PR文もあると、より親しみやすく効果的です。

まずは、書き方の例に沿って以下の項目を埋めてください。

・業種
金融、流通、保険、不動産、製造など、これまでに経験した案件の業種を記載します。

・経験フェーズ
要件定義、設計、開発、テスト、運用、保守など、経験した案件において、関わっていたフェーズ(工程)を記載します。

  
・スキル・フレームワーク
経験のある言語、フレームワークなどを、経験年数と併せて記載します。

例)
Java:5年、PHP・JavaScript:3年、C#:1年
MySQL:3年、DB2:2年

・人物像
コミュニケーション力や向上心、普段の勤務態度など、仕事をする上での人格的な強みをアピールしましょう。

例)
コミュニケーション力が高く、どのような現場でも適応することができます。またチームリーダーとしてチームの取り纏めや進捗管理に携わっていた経験から、マネジメントについても自信があります。

特にスキル・フレームワークについては、抜け漏れや誤字の無いように記載しましょう。求人側企業が人材を探す際は、言語やデータベース、ツールなどの具体的な名称で検索することが多くあります。誤字やスペルミスがあると、その単語では検索に引っかからなくなってしまうため、レジュメが求人側企業の目に入らなくなってしまいます。

⑤希望月額単価

できる限り詳細な金額を入力します。求人側企業がスカウトを送る際の、重要な判断基準の一つです。スカウトする側としては、希望の月額単価がわかっている方が、マッチした案件でのスカウトを送りやすくなります。

また、希望が市場相場よりも高すぎる場合、スカウトがあまり来なかったり、応募しても書類選考でお見送りになる可能性が高くなってしまいます。下限についてはぎりぎり対応可能な単価で記載することをお勧めします。

「アサインナビ」では登録された人材データをスキルごとに毎月分析し、レポートとして公開しています。希望月額単価を考える際にぜひ参考にしてください。

レジュメ単価レポートとは

レジュメ単価レポートは、IT企業とフリーランスのコンサルタントやエンジニアが集い、リアルな案件・人材データをもとに、IT業界の価値ある出会いをナビゲートするビジネスマッチングのプラットフォーム「アサインナビ」が毎月提供する、人材データを「単価感」を軸に分析した市況情報です。

これまでのレジュメ単価レポートを見る

⑥希望条件

希望する業務内容などについて、わかりやすくまとめます。まずは、書き方の例に沿って以下の項目を埋めてください。

・業務内容
希望する具体的な業務内容について記載します。

例)Java、PHPを使用したWeb系システムの開発を希望します。

・勤務日数
希望する1週間の勤務日数を記載します。

・勤務地
希望する勤務地を記載します。都道府県のみではなく、市区町村や、沿線等があるとわかりやすくなります。

・選考プロセス
希望する選考プロセス(面談の回数)を記載します。

例)
・面談2回まで
・面談1回を優先

希望月額単価と同様に目安としては重要ですが、条件を絞りすぎてしまうとスカウトしにくい印象になってしまいます。対応できる最低限の条件を記載することをおすすめします。

⑦レジュメの公開先

・公開
人材を探すページより、検索される結果に表示されます。アサインナビのスタンダード会員のみ、詳細を閲覧することができます。

・ブックマーク先のみに公開
あらかじめブックマークしている企業にのみ、検索結果に表示されます。

・非公開
「人材を探す」には表示されません。応募した案件の企業のみ、レジュメを閲覧することが可能です。

3.スキルシートの登録

レジュメの登録が完了したら、スキルシート(履歴書・経歴書)を登録してください。スキルシートの登録が完了していない場合、案件への応募、スカウトの受領を行うことはできません。ご注意ください。

フォーマットは限定されていないため、お持ちのスキルシートをご登録いただけます。Word、Excel、PDF形式に対応しております。

スキルシート内の個人情報(姓名、住所、生年月日etc)については、Webで多くの登録企業に閲覧されるため、下記のようにマスキングしてください。

・名前
→ イニシャル表記

・住所
→ 市区までの表記や最寄り駅までの表記

・生年月日
→ 年齢のみ表記

 
求人側のほとんどの企業は、案件に応募があった際、またスカウトする人材を探しているとき、このスキルシートを必ずチェックしています。

 
今までに経験した業務内容と担当工程、参画した期間がきちんと記載されているか、ご自身のスキルが抜け漏れなく記載されているか等、登録前にぜひ確認してみてください!

6.まとめ

・経験PR
これまでの経験、または得意とする分野・フェーズ・業種等や、詳細なスキル(開発言語、開発環境、フレームワーク等)についてまとめる。抜け漏れ、スペルミスに注意!

・希望月額単価
できる限り詳細な金額を記載する。金額の下限は、ぎりぎり対応可能な額を記入。

・希望条件
希望する業務内容などについて、わかりやすくまとめる。絞り込みすぎるとスカウトしにくく思われてしまうので、最低限クリアしたい条件のみにとどめる。

いかがでしたでしょうか?
アサインナビのフリーワード検索では、レジュメ内の文章からのみ行っており、スキルシート内は対象になっていません。そのため、まずはレジュメ内にきちんと人材のスキルや経験を記載しておくことが大切です。

 
ぜひ本記事を参考に、レジュメの選考通過率アップに向けて取り組んでいただければ幸いです!

アサインナビ関澤 = 文