セミナーレポート│【実戦形式で実務に沿った開発を学ぶ】(6/4開催)

2018年6月4日に【実戦形式で実務に沿った開発を学ぶ】WEBアプリ・PHP・SQLエンジニアの基礎を「ゼロ」から3か月で身につけると題したプログラミング研修に関するセミナーを開催いたしました。

今回のセミナーは、「アサインナビ」と、新しいキャリアの可能性・効率的なIT技術者育成プログラムを提供する「アカリエヘルスケアカンパニー」による教育プログラム

『WEBアプリエンジニア育成研修』の体験会として開催いたしました。

「今のスキルに不安」
「新しいことにチャレンジしたい」
「需要のあるITスキル/言語を勉強したい」

といった課題をもつ方々や新人を育成する立場にある方にご参加いただきました!

セミナー当日の様子

今回の【実戦形式で実務に沿った開発を学ぶ】は、未経験でプログラミングを学びたい5名の方々にご参加いただきました。
少人数の為、質疑応答を交えながら、アットホームな進行となりました。

アカリエヘルスケアカンパニー様より、エンジニアの市場についてや、未経験からの学び方について解説いただき、
今後開催される集合研修の内容やゴールが具体的に紹介されていました。

今後のビジネスマンに求められるスキル

これから10年~20年の間に、人工知能によって多くの職業が代替えされると言われています。

システム開発の分野では、システム設定、監視、保守・更新、テストは代替えされ、
モデル構築、要件・仕様策定、アプリ・DB設計等の業務は代替えできないだろうと考えられているとのこと。

そんな時代に必要なのは、実務スキルです。
開発の実務スキルが求められていますといった解説をいただきました。

エンジニアの転職求人倍率は高いまま

業界別の転職求人倍率は、全体求人倍率2.36倍に対して、IT通信の求人倍率6.15倍
エンジニアは倍率も高く、キャリアを築きやすい職種だと、事例を基に説明がありました。

PHPから学ぶメリット

まず、PHPから学ぶのは、下記3つのメリットがあるといいます。

  • WEBアプリ開発言語のスタンダード
  • 需要が常にある(=求人が多い)
  • 他の言語と比較して習得が容易
  • 今回のセミナーでは、今後開催される集合研修「ジョブトレ」の解説もあり、
    比較的難易度の低いPHPから学ぶことのメリットが紹介されていました。

    その後、ジョブトレの特長や、卒業生の進路、具体的なカリキュラムについて解説がありました。
    カリキュラムでは、研修後に、どこまでできるようになっているかといった具体的な解説があり、みなさま興味深く聞いていらっしゃいました。

    実戦形式で進められる研修の為、実務に沿ったスキルの習得が可能という点が特長です。
    実際のカリキュラムと、卒業生の作品の紹介もあり、3ヵ月の研修終了後、どこまでできるようになっているかが明確になったようです。

    本研修の内容の詳細は・・・
    法人のプログラム研修につきましては、
    アサインナビのWEB実践講座「ジョブトレ」
    個人の講座受講につきましては
    未経験・ブランク歓迎のプログラム講座
    で詳しく説明しています。

    アサインナビでは、ITエンジニアの育成をサポートするため、
    今後も本研修の無料体験会や、説明会などを定期的に開催してまいります。
    日程は、アサインナビセミナー情報をご確認ください。

    今回の開催概要

    日時:6月4日(月)19時~20時
    場所:株式会社アサインナビ セミナールーム
    東京都新宿区新宿2-8-6KDX新宿286ビル 2階
    参加費:無料
    持ち物:お名刺・筆記用具

    アサインナビでは、人材調達セミナー以外にも、IT業界ビジネス交流会や、RPA導入セミナーやUXセミナーなど毎月多数のイベントやセミナーを開催しております。
    これらのセミナーやイベントを通じて、デジタルシフト人材の育成をサポートします。

    今後の開催につきましては、アサインナビセミナー情報をご確認ください。


    日本最大級のITビジネスコミュニティ アサインナビ