ビジネス研修を担当するプロ講師陣の高いスキルやノウハウをご紹介します

講師紹介

講師写真

谷口 龍彦(たにぐち たつひこ)

東京理科大学理工学部経営工学科卒、カリフォルニア州立大学フラートン校心理学部大学課程卒、サンフランシスコ州立大学大学院心理学部リサーチメソッド科で履修。その後、大手コンサルティング会社入社。昨年独立。これまで経営計画立案支援、経営改善支援、組織開発支援など、企業経営の幅広い支援に携わる。特に近年は、心理学の知識を活かし、人と組織の問題を重点的なテーマとして人材育成、制度構築に重点的に取り組む

マネジメント全般,人事制度コンサルティング
講師写真

田岡 純一(たおか じゅんいち)

有限会社ジェイシップ 代表取締役 1979年三和シヤッター工業入社、1982年TBSブリタニカを経て、1984年日本マクドナルドへ。営業部店長、スーパーバイザー、ハンバーガー大学プロフェッサー、副学長、トレーニング部開発室室長を経て、2006年より現職。時代には、顧客満足度向上、新店舗オープンシステム、社員教育プログラム開発等のマクドナルドプロジェクトリーダーとして活躍。率先垂範で部下のモチベーションを高めてきた実績を持つ

リーダーシップ
講師写真

深水 克也(ふかみ かつや)

松下電器株式会社入社後、電子部品の営業部門にてセールス業務に携わるとともに、松下幸之助/PHP活動に関心を高める。その後、職業訓練法人日本技能教育センターにて企業における人材育成サポート活動、プロフェッショナル・ネットワーク創設、企業における人材育成・研修の企画・運営を経て、2002年、有限会社ティープラス(t-plus)設立/講師活動ならびに人材育成に関わる研修企画を行っている

マネジメント・スキル,リーダーシップ
講師写真

森 和成(もり かずなり)

関係性開発(Relationship Development)のスペシャリスト。株式会社ビジネスコンサルタントにて、営業責任者を歴任。その後、アクセンチュア株式会社 アライアンスディレクターを経て、2005年 株式会社アールギア・グループ設立。人・組織における様々な関係の改善・構築・強化等の問題解決を数多く手掛けており、特に、顧客との関係性開発(Customer Relationship Development)Sales Training Programにおいては定評がある

コラボレーション型リーダーシップ
講師写真

東田 一人(あずまだ ひとり)

㈱リクルート入社。その後リクルートコスモス社にて人事・採用を担当。風土、企業文化の礎を築く。自らが採用した人材の中から多くの経営者を輩出、「社長を採用する男」と社内外から呼ばれる。営業部門長、経営企画室、情報システム室長を経て、2009年4月 ㈱フォーサイト設立。現在はプロのキャリアカウンセラーの指導育成などを行う傍ら大手企業を中心とした経営者・経営幹部中心のエグゼクティブコーチングや各種研修を行っている

モチベーションマネジメント
講師写真

福島 章(ふくしま あきら)

1989年無線通信機器メーカー ユニデン株式会社(東証一部)入社。中国進出事業、新商品企画、ISO取得など多数の特命プロジェクトをチームリーダーとして牽引。その後、ベンチャー企業での営業&マーケティング担当役員を経て、2001年株式会社ディ・フォース・インターナショナル(DFI)を設立、代表取締役就任。コンサルタント・コーチとしての指導に従事する傍ら、ビジネス・プロフェッショナル育成の視点から、企業向けに各種オリジナルの研修トレーニングや講演を提供する

モチベーションアップ、OJTスキル,自律支援
講師写真

阿部George雅行(あべ ジョージ まさゆき)

富士銀行入行、金融持株会社みずほホールディングスCS(Customer-Satisfaction)研究所、みずほコーポレート銀行経営企画部、グロービスを経て独立。現在企業向けの経営コンサルタント、個人向けのパーソナル・コンサルタントとして従事する傍ら、Triathlon,Kick-Boxingなどの競技生活を送り、スポーツマネジメントやビジネスパーソンの「ココロとからだ」にフォーカスした活動を展開)BODY TUNE (ボディ・チューン)代表取締役社長

論理思考,問題発見/解決
講師写真

泉 一也(いずみ かずや)

京都大学工学部土木工学科卒業、一年間塾講師としてフリーター生活の後SIerにてSEの経験後、人事部門配属。採用部門の管理職を務める。02年 株式会社コーチ・エィ入社。研修講師、パーソナルコーチ、企業診断の開発・営業に従事。04年 ウィルビジョン株式会社設立。現在ではチームを活性化するためのコミュニケーションを支援する「場活師」として、 企業向けの会社活性化コンサルティングおよび研修講師、ビジネス雑誌・新聞への寄稿などを行う。

場活コミュニケーション、フォロワーシップ