C言語の将来性とキャリアステップ

C言語,将来性

C言語の歴史は古く、1970年代初頭に行われていたUNIXの開発過程で産声をあげました。その後、UNIXの普及とともに広まっていったC言語ですが、これだけ歴史のある言語をこれからのエンジニアが学ぶメリットはあるのか?またすでにC言語を習得しているエンジニアの将来性はどうなのか?今回はC言語の習得とキャリアについて考えてみたいと思います。

C言語はスキルの証明になります

C言語は最も伝統的かつ、一定の難易度をもつプログラム言語のひとつとして、現在もプログラマーの基礎体力を推し量るための基準となっている側面があります。
C言語は、近年隆盛を極めているスクリプト言語とは根本的な部分で考え方が異なり、対マシン、対コンピュータに対しての制御を重んじています。
サービスを作り上げるための言語というよりは、機械をいかに思い通りに制御するかという視点で作られた言語です。
よってITの基礎的な知識が随所に散りばめられています。

C言語を習得していることは、これら基礎的な知識とマシンに対する制御方法を理解しているという証明になるでしょう。

C言語,スキル

C言語の需要が無くなることはない

C言語はすでに開発されてから40年以上が経過している、古い言語です。
しかし古いというのは、あくまでもその歴史のことを指しているのであって、決して「使えない」という意味ではありません。
むしろその逆で、PHPRubyといったweb系でよく使われる(比較的)軽量な言語が流行する中で、スキルセットにC言語を加えていないエンジニアが増えている現状から、C言語を理解して使いこなせるエンジニアへの需要が高まっている傾向にあります。

C言語は家庭用の家電製品、ゲームソフトの内部で各種制御を行うことにも使われており、製造業をはじめとした他業界への進出も可能な言語です。
現代の便利な生活を振り返るといたるところにC言語が存在します。それほど社会に根付いていて、需要があるのです。
マシンを制御できるエンジニアの仕事が完全になくなるとは考えにくいですね。

C言語,スキル

メジャーなオープンソースの多くがC言語

システム開発に低コスト、高品質が謳われるようになり、オープンソースの活用が不可欠な時代となりました。

サーバーOSはLinux、クライアントPCでさえUbuntuが採用されるシーンを見かけます。
このようなオープンソース全盛時代にあって、C言語はますます重要性を高めていくでしょう。
なぜなら主要なオープンソースの多くがC言語で作られており、C言語を理解することはオープンソースソフトウェアの根元に直接アクセスする手段を得ることになるからです。

例えばサーバーエンジニアであればスクリプト言語をスキルセットに持つエンジニアはいますが、C言語を加えることによって、顧客からの信用とアサイン可能な案件の幅を得ることが可能かもしれません。

C言語を習得すれば、業務システム案件が豊富

業務系の大規模システムでは、C言語がよく使われています。
大規模であるほど稼働年数も長く、開発当時もっとも洗練されて汎用性の高かった言語が選択されるからです。
このあたりはC言語の歴史の長さがメリットになっているのかもしれませんね。

大規模業務システム案件は、業界の慣習や顧客業務を知る絶好の機会であり、より上流を担当するコンサルタントへの足掛かりとなります。
上流、下流はあくまで工程であって仕事の質や地位とは直結しないものの、単価が変化することは事実です。

C言語を足掛かりに大規模業務システム案件に参画し、コンサルタントへの道筋をつけることも可能なのです。

C言語まとめ

C言語ができるということは開発スキルの証明になるといえるほど、基礎となるスキルです。
制御が得意な言語であり、家電製品からゲームに至るまで幅広く使われています。
また、オープンソースの多くがC言語で構築されており、ここを理解できるということはより上流に近い案件にアサインされる可能性も高いのです。
また、業務系システムでも使われており、単価の高い業務系案件の足掛かりになるといえそうです。

アサインナビでは、C言語の最新案件をご紹介しています。
大手ナショナルクライアントの案件も多く、年齢層も幅広いのが特徴です。
会員登録をして、案件の詳細を確認してみてください。

アサインナビfor転職も合わせてチェック


日本最大級のITビジネスコミュニティ アサインナビ