人手不足解消!エンジニアへの適切なマネジメントの仕方

エンジニア,マネジメント

2251183_2

プロジェクトも佳境に突入してくると、どうしてもエンジニアの数が足りずに人手不足に陥りがちですよね。そこで今回は現場のエンジニアを効率的に稼働させ、人手不足解消のために必要なマネジメント方法について解説していきます。

WBS作成を通じてチームへの帰属意識を高めあう

エンジニアのマネジメントで問題になるプロジェクトの人員不足を解消するために、よく言われることはPMOの設置や、WBSの作成ですよね。特にWBSは実際の作業ベースでプロジェクト全体を可視化するために大きく役立ちます。

このWBSですが、管理者側で勝手に作成してしまうケースはありませんか?実はこれはあまり好ましくない行為。チームメンバーの「やらされている感」を増大させてしまい、チーム全体のパフォーマンス低下の原因になります。WBS作成にあたっては、すでにアサインが決定しているチームメンバー全員でまずはタスクを洗い出し、さらに一旦は顧客のことを忘れて「理想の姿」を描くことが大切です。

もちろんそのWBS通りにコトが運ぶ可能性は少ないですが、この作業自体がチームメンバー全員の帰属意識を高め、パフォーマンスの向上に役立ちマネジメントに必須なのです。「自分が主役のタスクはどれで、それがプロジェクにどう貢献するか」を意識づけるわけですからね。このようにWBS作成にあたって、チームメンバー全員から意見を聞くことは、エンジニアの少ない人員でプロジェクトを管理する重要なマネジメント方法の一つでしょう。

無から有を生み出す人材に対する理解が不可欠

エンジニアにも様々な人種がおり、改修、テスト、デバッグや調査に才能を発揮するタイプもいれば、徹底して新しいプログラムやシステムを生み出すことに強みを持つタイプもいます。当然、どちらが上か、優秀かということではありません。適材適所という言葉の通り、適した人材へ適したタスクを割り振ることがマネジメントの最適解でしょう。

しかし、「無から有」を生み出すタイプのエンジニアは、事務的な決まり事や暗黙の了解といったものを嫌う傾向にあり、それに対する理解が非常に大切になります。まず新しいプログラムを生み出さないことには、システム開発は成り立ちませんからね。実際の開発現場において、全体の工数に対して製造作業が占める割合は決して多くはありません。

その一方で無から有を生み出すエンジニアには、試行錯誤とトライアンドエラーの時間が必要なのです。ここに十分な工数を確保してあげるかどうかによって、その後のシステム全体の品質やデバックやテストに要する工数、障害対応の件数が大きく変化してきます。後々のテストで問題が起きたり、障害対応にメンバーを駆り出されたりして人手不足に陥らないためにも、無から有を生み出すタイプのエンジニアには、十分な時間を捻出してあげるというマネジメントが必要になります。

プログラマはチームの要!労働環境を積極的に改善するマネジメントを

2251183_3

エンジニアの中でもプログラマは、システムの根幹の部分に携わる重要なポジションです。しかし日本のシステム開発の現場では、上流工程の比重が非常に大きくプログラマはしわ寄せを受ける立場にあることもしばしばです。

その様な風潮の中、プログラマが置かれている労働環境は決して良好とは言えない場合があります。プログラマはシステムの根っこを作り上げる職業であり、カンとセンスに優れたプログラマの力を十分に発揮させるような労働環境の整備は、エンジニアの人手不足の解消に大きく貢献します。なぜなら、システムが抱える問題の多くは、プログラマの閃きとセンスによって打開できるものばかりだからです。一瞬の閃きと発見が、数十人月単位の工数の削減をもたらしたケースはいくつもあります。

例えば、アップル社が提供するiOS7の致命的なバグの原因が、たった1行のif文のタイピングミスだったというニュースは記憶に新しいところです。このバグを発生させたのもプログラマですが、同じように発見したのもプログラマなのです。プログラマの労働環境や精神状態、疲労度をしっかりチェックし、エンジニアのマネジメントすることがいかに大切か理解できると思います。

それでもエンジニアが不足している場合は…?エンジニアを効率的に調達する方法

昨今ではUberやAirbnbなどインターネットを通じて不特定多数の人に仕事を依頼する「クラウドソーシング」という概念が一般浸透してきました。IT業界においても多くの企業がクラウドソーシングを活用してプロジェクト遂行のための人的リソースを確保しています。

ITエンジニア関連のクラウドソーシングサイトとしては、「クラウドソーシング」「ランサーズ」「アサインナビ」などが国内では有名です。

簡単な単純作業を低単価で依頼・受注するには「クラウドソーシング」「ランサーズ」がとても有効なツールです。逆に、ある程度の経験や経歴、技術スキルを求めているのであれば「アサインナビ」をおすすめします。

人手不足に悩んでいる現場のために、また人手を探している仕事をさがしている方にお勧めのサービス「アサインナビ」では、効率的にエンジニアの調達と自社エンジニアの派遣(受託案件の調達)ができます。

■プロジェクトとITエンジニアを直接つなげる人材マッチングサイト「アサインナビ」とは
株式会社アサインナビ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 悦章)では、プロジェクトとコンサルタント/ITエンジニアが直接つながる、コンサルティング/IT業界に特化したマッチングサイト「アサインナビ」の提供を2013年12月よりおこなっております。
https://assign-navi.jp/

「アサインナビ」は、プロジェクトで活躍するコンサルタント/ITエンジニアを探している企業と、案件を探している企業やコンサルタント/ITエンジニアがWeb上で直接情報を交換できるサイトです。
メールや電話、Faxで行われているスキル照会~書類審査~面談~契約のステータス管理を、Webサイト「アサインナビ」上で実現することが可能です。

プロジェクト情報を掲載する企業は大手企業から直接発注を受けた案件を抱える大手コンサルティング会社や大手IT企業で、オープン時から現在まで200社以上の大手企業が利用しています。

【プロジェクト現場と技術者が抱える課題を両方解決】
コンサルティング会社やIT企業が、必要なタイミングで必要なコンサルタント/ITエンジニアをプロジェクトに参画させることは簡単ではありません。なぜなら、必要なスキルを持った社内のメンバーが常に空いているとは限らず、代わりのメンバーを社外で探すことも簡単ではないからです。
一方、プロジェクトに参加する側であるコンサルタント/ITエンジニアの数は年々増えていますが、必要なタイミングで自分の活躍できるプロジェクトになかなか出会えません。
この非効率さを解消するため、大手コンサルティング会社・大手IT企業の協力のもと「アサインナビ」は案件とコンサルタント/ITエンジニアを“直接”結びつける仕組みを提供しています。
外部要員の調達に関わるすべてのプロセスを可視化して、そこに関わる関係者を支援することで、コンサルティング/IT業界の構造を改革していきます。

■案件登録・人材登録 募集中
案件や人材の調達情報を収集したい方々は、
こちらでご登録いただければ(所要時間3分)無料で案件・レジュメ情報をご提供いたします。

【サイト運営 株式会社アサインナビ】
ホームページ: https://assign-navi.jp/
 
【サービスに関するお問い合わせ先】
取材、サービス内容、Webサイト上のリンクなどお気軽にお問い合わせください。
■株式会社アサインナビ
TEL  : 03-5312-7009
E-Mail: info@assign-navi.com

日本最大級のITビジネスコミュニティ アサインナビ